HOME

みなさん!こんにちは

このサイトで、ご案内する『建設業経理士検定試験1級財務分析に合格するための本』の筆者の松元です。

私が、この試験に合格したのが、まだこの建設業経理士検定試験の試験制度が始まってまもない時期でしたので,合格者も全国でわずかな時でした。

この3科目ある試験を、仕事をしながら合格に向かって学習しました。

社会での仕事の中での勉強時間の確保は、なかなか出来ません。それは仕事の残業、お酒の誘い、親戚・友人との付き合い。忙しくなかなか時間が取れなく、また机に向かうこともすぐにきつくなり、椅子からおりるものでなかなか、勉強に集中できません。

私はもともと机に向かって勉強をするタイプではありません。

ここで最初にお話しておきます。私が机に向かってまとまった時間で机に向かって勉強したことは、あまり覚えていません。

机に向かったらすぐに勉強することが嫌になるからです。

それでは、どのように勉強したかといいますと、こまめな時間の活用です。

車の移動時間での車の中、銀行での待ち時間など、いくらでもこまめな時間はあります。

2級に合格したのち、建設業経理士検定試験1級合格をめざして、3ケ目同時の一発合格を目指しましたが、運悪く、一年目で2科目(原価計算、財務諸表)を合格したものの、財務分析に落ち、翌年合格し、建設業経理士検定試験1級合格者になりました。

ここで紹介する本の『建設業経理士検定試験1級財務分析に合格するための本』には、私が一度不合格になった経験をふまえ、不合格になった勉強のやり方にどこに問題があったかを反省し、合格するためには、このようにやらなければと考えついた、正確的には、基本的なことで、計算ミスを防ぐ確実な方法を実行しました。

このやり方は、今の受験生にも、やってほしいことです。ただ何だと思われるこのやり方は合格を確実にします。

最後に、1級は2級と違います。2級と同じような勉強方法では、合格できません。ただ時間をかければ合格するというものでもありません。効率的な勉強をして合格して欲しいです。

この文書は、直接書きましたので、推敲などしておりません。よって文章の内容に分かりにくい点が多くあると思いますが、お許し下さい。

有限会社都城情報ビジネス 松元義仁